こばけんdays

アクセスカウンタ

zoom RSS 【祝!このミス1位】容疑者Xの献身/東野圭吾

<<   作成日時 : 2005/12/09 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

容疑者Xの献身 東野圭吾 文藝春秋」について

やっぱり獲りましたね!
知るのがワンテンポ遅かったかも知れないんですが、
昨夜、会社の近くの書店にふらりと立ち寄ったら
今年版の「このミス」が発売されていて、
容疑者Xのオビもしっかり「このミス1位!」に掛け替わっていました。

自分の中で今年のベスト3は…と考えていて、
容疑者Xは文句なしでランクイン。
あとは、横山秀夫の『震度0』。
う〜ん、あとは何かなぁ、と思っていたら、
容疑者Xが1位で、震度0が3位に入りました。

ただし、私が今年読んだ本の中でベスト10入りしたのは、この2冊のみ。
去年はもう少し入った気がしたんだので、ちょっと残念な気もしますが、
まぁ、読書は個人的な楽しみなので、
自分で読んで面白ければ○(マル)ですね。基本的に。

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
もうそんな時期か・・・。
先日、本屋に行ったら『このミステリーがすごい!(2006年版)』が出てたので立ち読みしてきました ...続きを見る
black sheep
2005/12/12 19:05
「容疑者Xの献身」  東野圭吾
ついについについにやりました。東野圭吾が。 6度目の正直。 ...続きを見る
たいの身勝手書評
2006/02/04 11:30
「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。
&nbsp;&nbsp;&nbsp;「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」著、10作目。図書館で随分前に予約したのがようやく順番になりました。「直木賞受賞作」だったんですね。本の帯は的外れで売る為に煽情的なのが多いんだけど「運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。」はこの作品を端的に表現していると思う。高校教師であり天才数学者の「石神」は、普通の弁当やで働く少し魅力的な子持ちの「靖子」に惹かれている。その靖子親娘がやくざな前夫「富樫」の理不尽さに耐え切れず富樫を殺してしまう。そ... ...続きを見る
男を磨く旅
2007/02/21 22:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【祝!このミス1位】容疑者Xの献身/東野圭吾 こばけんdays/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる