こばけんdays

アクセスカウンタ

zoom RSS 【読んだ本】制服捜査/佐々木譲

<<   作成日時 : 2006/04/28 02:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 9

画像
カイシャの女の子に「今なに読んでるんですか?」と訊かれたので、
「これだよ」とカバンから背表紙だけ出してタイトルを見せたら、
「こばけんサン、大丈夫ですか?」と言われた。
そういう本じゃないっての!(怒&笑)

3週間も空けて久々に書いたと思えば、こんな書き出しかよ。
タイホしちゃうゾ☆ みたいな(笑)

ちがうちがう、制服警官が主人公の警察小説です。
先に書いた今野敏さんの「隠蔽捜査」が
キャリアの警察官僚を描いた警察小説なら、
こちらはまるで別の世界。
キャリアと所轄の対立の構図、
という警察小説はよく見かけますが、
(踊る!とかねw)
本作は、さらに所轄刑事でもない、駐在所勤務の制服警官。
事件捜査に直接携われない警官が主人公です。

警察官生活25年、北海道警の裏金事件を発端に始まった
理解しがたいジョブローテーションの一環で、片田舎の駐在所に赴任した川久保篤巡査部長。
札幌に妻と娘二人を残しての単身赴任だ。

田舎町の“駐在さん”といえば、地域のことはお年寄りから小さな子まで、
あるいは土地勘や事故・事件の起こりそうな危険な場所など、
隅から隅まで誰よりも判ってなければいけないはずなのに、
数年で繰り返される人事異動のおかげで、
町のことをいちばん解っていないのが駐在、という事態を招いてしまっている。

そのおかげで、ひとたび何かが起きても、駐在よりも町の防犯協会の方が幅をきかせるという
駐在としては“やりにくい”状態になってしまっているのが町の実態。
そんな状況でありながらも、町に人が住んで生活している以上、
“なにか”が起きないということはない。
本作『制服捜査』は、そうした町で起きる事件を描いた5編からなる短編集です。

しかし、交通事故にしろ火事にしろ“事件”が起きた際に、
町の駐在は真っ先に現場に臨場するものの、所轄署の刑事が到着すれば、
そこで引き継いで事件捜査に直接関わることはない。
が、毎日々々町を見ている駐在にしか分からないことはある。
日頃顔を合わせているからこそ教えてもらえる情報もある。
しかし捜査に携わることは出来ない…。

その一方で、十数年前に同じ町で駐在をしていたという警察OBからは、
町で「犯罪が起こる」のをいかに防ぐかが大事なのではなく、
町から「犯罪者を出す」のを防ぐかが重要なのだ、と聞かされる川久保。
町の治安と平安は、そうして守られてきたのだという…

そうしたことに巡査部長・川久保篤は違和感を感じずには居られない。
町の安全や安心は、違うところから綻び始めているということを、
余所者だからこそ感じないではいられない。

その一方で、町で起きた事件の解決にに直接貢献できない歯がゆさも同居する。
制服警官のジレンマを描いた警察小説なのです。

所謂“警察小説”に期待する、スリリングな感じや緊迫感が得られたり、
義憤を感じて興奮するような作品ではありませんが、
事故や事件、治安、組織と様々な面を包含する“警察”とは、
こういう側面も持っているのか、と新たな発見をすることが出来る小説です。


制服捜査』 佐々木譲 著
新潮社 \1,680-
制服捜査

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
)??????????????
&&&&&ξ?&??&?&?&&&?&&?&??&&&&&?&&&$&&???&?&?&&&&&?&&??&&&&& ...続きを見る
??????????????&??)??...
2006/05/05 11:04
「制服捜査」 佐々木譲
ワタシ的評価:★★★☆☆ ...続きを見る
その傍で本を読むのは
2006/05/24 21:51
佐々木譲 制服捜査(新潮社)
制服捜査佐々木 譲 (2006/03/23)新潮社 この商品の詳細を見る ...続きを見る
Celestial Blue
2006/08/17 23:47
北海道の駐在さんの事件簿 佐々木譲著「制服捜査」
「このミステリーがすごい」って知ってる? ...続きを見る
本読め 東雲(しののめ) 読書の日々
2007/01/18 21:47
制服捜査 / 佐々木譲
駐在勤務に配属され新しく街に来た巡査部長 川久保は、一見平和そうに見える田舎街で度々起こる小さな事件。しかし、その裏には深刻な問題があったのだった…。「このミステリーがすごい!(2007年版)」の2位に... ...続きを見る
日曜感想文 - ジャンル別1000件を超...
2007/03/04 23:46
佐々木譲「制服捜査」(新潮社)
 佐々木譲「制服捜査」(新潮社)を読了。ここで言う「制服」とは警察官の制服のこと。この小説は、制服警官すなわち駐在警察官を主人公にした佐々木氏ならではの硬質な連作小説集である。 ...続きを見る
本の虫
2007/12/26 17:11
佐々木 譲 著 『制服捜査』
制服捜査posted with amazlet on 08.01.20佐々木 譲 新潮社 (2006/03/23)売り上げランキング: 13070Amazon.co.jp で詳細を見る  北海道警察本部釧路方面広尾警察署  志茂別町駐在所での出来事5篇  「逸脱」「遺恨」「割れカラ& ...続きを見る
cinema days 『映画な日々』
2008/01/21 01:47
フェラガモ 靴
【読んだ本】制服捜査/佐々木譲 こばけんdays/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 靴
2013/07/03 06:14
エアマックス 2013
【読んだ本】制服捜査/佐々木譲 こばけんdays/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 19:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家の担当刑事さんも、移動になっちゃってさーー
後釜の刑事はえらい愛想が悪いので腹が立っています。
こんな事でも小説になるのねぇ?
たかおか
2006/04/29 15:23
>たかおかさん

あぁ、そうか。
私は東京育ちなので、まるで小説の中の話でしたが、
身近に「駐在さん」が居る暮らしをしたことのある人には、
すごくリアリティのある作品かもしれません。
こばけん
2006/04/29 15:53
TBやり直してみました。
又文字化けしているようで・・・??
なにかやり方に問題あるのかな〜??
タック
2006/05/05 22:26
>タックさん
再トライありがとうございます。
でもダメでしたねぇ…(^o^;
ところが今日、他の方からのTBでも文字化けが起きまして、その方もgooのブログを使ってらっしゃったので、おそらく今、gooブログとbiglobeブログのリレーションに何か問題があるのかもしれません。
これに懲りずまたよろしくお願いします。
そのうち直ると思いますので
こばけん
2006/05/05 23:54
はじめまして。
トラックバックさせていただきました。
こばけんさんのレビューが上手にまとめてあって、なんか私書くことないじゃん、と思いながら書きました。
なんか読んでてつらくなっちゃいましたよ・・・・警察って、警察って、こんななの?!って。
横山秀夫でもそうなんですけど。
びー玉
2006/05/24 22:06
>びー玉 さん
TBとコメントありがとうございます(^^)

そうなんですよねー。警察小説って。
自身が警察組織の中にいたら実際どう感じるか解らないんですが、胸を掻きむしりたくなるくらい歯がゆさと遣る瀬なさに満ちていますよね。

レビュー記事についてですが、私はどうも書きすぎてしまうきらいがあって、どうしたらもっとコンパクトに書けるのか悩み中なのです。
逆にびー玉さんみたいにスッキリした記事にできるといいのになぁ、と思いながらついつい書きすぎてしまう状態から脱することができずにいます。
粗筋とか書いちゃうのがいけないんですかねぇ。
こばけん
2006/05/25 02:40
私、コンパクトにしようと思ったんじゃなくて、もう図書館に本を返却しちゃった後だったんです(苦笑)。
しかも、あらすじって時間かかるじゃないですか・・・もう一度読み返したりして。
レビューって時間かかりますよね。
私は詳しく書いてあるレビューが好きです。
ネタバレもして欲しい方です(笑)。
ですので、今後もどうぞこのままでお願いします〜。
びー玉
2006/05/25 17:46
>びー玉さん
なるほどそういう事情でしたか(笑)
私も人から借りた本で、読み終えたのにblogを書きたいばかりに返すのが遅くなったことは幾度となくあります(^_^;

短い文章なんて書けっこないですから、おそらく今後もこんな感じでいくと思います。
こばけん
2006/05/27 18:44
TBさせていただきました。

駐在の仕事、ほんとに大変だと思いました。
面白かったです。
タウム
2007/01/18 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
【読んだ本】制服捜査/佐々木譲 こばけんdays/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる