アクセスカウンタ

<<  2006年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
【観た映画】ブレイブ・ストーリー/ 原作:宮部みゆき
【観た映画】ブレイブ・ストーリー/ 原作:宮部みゆき 原作も読まずに劇場で観た。 いい作品だったよ! 泣けたし、 「正しさ」とは何かをちゃんと考えさせられる作品。 ただ、ストーリー自体がそうだからなのかもしれませんが、小説が映画化されたというよりは、RPGゲームが映画化されたという印象の方が遙かに強く、宮部みゆき作品であるということは、観ている最中まるで感じませんでした。 巷の評判では「原作の方が遙かに良い!」とのことなので、楽しみに読みたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/26 20:42
【読んだ本】バッテリーX/あさのあつこ
【読んだ本】バッテリーX/あさのあつこ 彼らの時間は連続しているんだけれど、 読者の私としては、5ヶ月ぶりに巧と豪に逢いました。 この物語を文庫で追いかけているので、 しかたのないことなんでしょうけれど、 待っている間のウズウズはたまりません。 そして再び出会えたときの、心のはやりは何なのでしょう。 成長していく二人の野球少年。 あさのあつこさんの、瑞々しい季節と風景の描写の中、 彼らの成長を見守ることのできる幸せに 触れることのできる瞬間なのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/07/11 21:13
【読んだ本】終末のフール/伊坂幸太郎
【読んだ本】終末のフール/伊坂幸太郎 いまはとにかく『砂漠』が直木賞獲ってくれれば、 なんっにも言うことはないです。 ↑冒頭部分後日差替予定(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 10

2006/07/05 21:14
【読んだ本】ウルトラ・ダラー/手嶋龍一
【読んだ本】ウルトラ・ダラー/手嶋龍一 帯に「これを小説だと言っているのは著者だけだ!」とある。 さすが前NHKワシントン支局長が書いただけあって、 詳細な描写がかなりのリアリティを帯びている作品です。 タイトルの「ウルトラ・ダラー」とは、超精巧な偽ドル札を指しています。 物語は、ダブリンで新種の偽100ドル札 “ウルトラ・ダラー”が発見されるところから始まり、 その偽ドル札が、どこで、どのような思惑のもとに作られ、 そして、その裏に隠された謀略が克明に暴かれていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/04 02:39

<<  2006年7月のブログ記事  >> 

トップへ

こばけんdays 2006年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる