こばけんdays

アクセスカウンタ

zoom RSS 【観た映画】ゲド戦記

<<   作成日時 : 2006/08/14 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

あちこちのレビューやブログでともかく評判がアレなので(笑)、観てきました。
「そうは言っても案外良いんじゃないの?」と思っていたりもしたので。
ジブリなのでオフィシャルサイトとかは立派なものです。
ストーリーや作品の背景、原作についてなどは、
オフィシャルサイトを見た方が簡潔で解りやすいです。
ただ、実際に作品を劇場で観てみて、皆さんの言っていることが解りました。
というわけで、これから観ようと思っている方は読まないで下さい(^_^;

素材は『ゲド戦記』であるので、世界観は出来上がっています。
まぁ、「何故いきなり第3巻なのか」という意見もあるでしょうけど、無理なく表現されています。
“内なる闇との戦い”というテーマも、ちょっと直截的すぎるかな、という感もありましたが、
こなせているのではないでしょうか。
全体としては、まとまっている作品です。

画像

とはいえ、まず、声優云々。
こりゃ、ダメですな。
ハウルのときにも感じましたが、話題性をタレント起用に頼りすぎてます。
今回は、せいぜい主人公アレンの岡田准一ぐらいですが、
明らかにハウルのキムタクがお手本になってる。
ハイタカ(ゲド)役の菅原分太はまずまずとしても、
吹雪ジュンや田中裕子はサマになってないし、
肝心の少女テルー役に起用された新人の手嶌葵は滑舌が甘すぎで、
声優としての力量以前の問題だと思いました。
まぁ、新人起用については、過去の様々なアニメ作品でもばんたび言われてきたことですが。
それにしてもサ行とタ行の滑舌の甘さは改善しないと、今後難しいでしょう。

世の中、優れた声優さんがたくさんいるんだから、そこからキャスティングしてくれれば、
よっぽどその方が良い作品になると思うんだけどなぁ。
(それは、ブレイブ・ストーリーしかり、ですけどね)

でもって、演出。
ジブリ作品としてやらない方が良かったのでは、と思いました。
宮崎吾朗氏の初監督となればジブリにならざるを得ないんでしょうけど、
かえってそれがアダになっている、というか、
ジブリの看板を意識しすぎた演出が垣間見えすぎです。
ナウシカっぽい部分あり、コナンぽい部分あり、
千と千尋っぽいところあり、カリオストロっぽいところあり、で、
なんだか宮崎(父)作品のツギハギを見ているような気分になりました。

や、全体的にはまとまってる作品だと思います。
私が鈍感なだけかもしれないし。でもなぁ…
う〜ん、珍しく辛口、というかこてんぱんにしてしまいましたが、
あくまでも私個人の感想ですので、参考にしないでください。
それに、観たこと自体は後悔してないですし。

今年の夏は話題のアニメ作品が目白押しですが、
いまのところ私の中では、『ブレイブ・ストーリー』に圧倒的な軍配です。
次は『時をかける少女』だな♪

にほんブログ村 映画ブログへ ←厚かましくも参加してます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
観てきましたよ!
あまりの前評判に「良く観てやろう」という想いが強すぎたせいか、予想以上に悪いものではなかったです(って、どんな評価やねん)。
つっこみ始めたらキリがないのでしょうが、よく悪くも、どこかで書いてあった、正統派昔の東映アニメ。
しかし「ゲド」ではないです。「ゲド」を題材、モチーフにして、別物にすべきでしたね。「ゲド」であるならば、やはり自分を発見する孤独な旅。ボーイ・ミーツ・ガールでの成長の物語になっていたのは(嫌いじゃないっす)、もはやゲドではないですな。
でも「ゲド」ではない、別物の作品としては、昨今のジブリ作品と違い、十分分かりやすい作品でよかったと思います。
ぼくには文学賞と違い、ジブリ・ブランドはないのです(笑)

しかし、まさか初っ端が四巻「帰還」冒頭の「エアの創造」とは・・・。(たまたま読み始めていた)。

あと、エヴェンゲリオンが思い出されて仕方なかったよ(苦笑)
すの
URL
2006/08/17 07:38
>すのさん
長文のコメント有難うございます(^_^;

σ(^_^)も「ダメ」と断じてはいないのですが、
ツッコミどころばかり書いてしまいました。
「ジブリ」とか「ゲド」とか表題に出さずに、世に出した方が良かったですよねぇ。
“正統派昔の東映アニメ”は激しく同意ですw
同世代っつーことですかね。
こばけん
2006/08/18 03:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【観た映画】ゲド戦記 こばけんdays/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる