こばけんdays

アクセスカウンタ

zoom RSS 【読んだ本】2007年5月読了本/『中庭の出来事』恩田陸ほか

<<   作成日時 : 2007/06/09 12:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 4

読書ペース若干上昇中☆な感じ。
が、レビュー書かんですみませんm(_ _)m
さて、5月の読書はこんなかんじ。

『中庭の出来事』恩田陸(新潮社)
『町長選挙』奥田英朗(文藝春秋)
『新釈 走れメロス』森見登美彦(詳伝社)
『NO.6 #1』あさのあつこ(講談社)
『フィッシュストーリー』伊坂幸太郎(新潮社)
『ロジカルライティング』照屋華子(東洋経済新報社)

『中庭の出来事』は、相変わらずの恩田ワールドで堪能しました。
演劇がベースになっている物語で、現実/脚本の世界が行ったり来たり。
読み進むほどに何が現実で何が舞台の上の話なのかが渦を巻いて渾然となって、
螺旋階段の迷宮に迷い込むようです。
『ネクロポリス』で感じた“旅をしているような感覚”や
『チョコレートコスモス』で興奮した“舞台もの”の興奮など、
近年、恩田さんが繰り出してきた様々なエッセンスを同時に味わえて、非常に読みごたえのある一冊。

伊良部シリーズ第3弾の『町長選挙』、今作も笑えました楽しめました。
収められた4篇のうち「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ稼業」は、
誰が登場人物のモデルになっているのかがハッキリとわかる、いわばパロディー的作品で、
単純にエンタテイメント作品として楽しめますが、
逆に言うとマンガ的であるがゆえに文芸ではない印象も。
最後に収められた「町長選挙」が、現実には有り得なさそうでバカバカしい展開だけど、
伊良部シリーズらしい作品で、本書の中では一番好きです。

『新釈 走れメロス』は、書店で平積みになっていたのをなんとなく衝動買い。
これが面白かった!
オビによれば「若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集」とのことですが、
まさにその通りで、日本の近代文学の名作に材を得て新たな作品を作り出しています。
収められた5篇はどれも楽しめました。
収録されているのは、
「山月記」(原作:中島敦)
「藪の中」(原作:芥川龍之介)
「走れメロス」(原作:太宰治)
「桜の森の満開の下」(原作:坂口安吾)
「百物語」(原作:森鴎外)
の5作。
原作はどれも教科書に載るような有名作品ばかりで、これらがすべて、
京都を舞台とした現代作品として新たな物語になっているのです。
原典のエッセンスの核の部分は残したまま、何故かバカバカしい物語に生まれ変わっているのがおかしい。
あれ?これって元々はどういう小説だったっけ?と、思わず原典を読みたくなってしまいます。

あさのあつこさんの作品は『バッテリー』は大好きだけど、他は『福音の少年』ぐらいしか読んだことが無くて、
『NO.6』のような作風があるとはビックリ!
近未来もののSFサバイバル小説です。
シリーズは#1から#4まであるようで、これはぜひ読破したい、想像力をかき立てる作品。

ようやく読んだ『フィッシュストーリー』。
勝ってから読むまでしばらく積んであって、期待度が熟成されすぎたためか、
伊坂ファンとしては若干“薄味”な印象。
軽妙でヒネてて小気味よくて伏線もバッチリで、
いつもの伊坂タッチはそれなりに楽しめるんですが、やや物足りない。
求めすぎなのかも知れないけど、
この人、何を表現したくてこの作品書いたのかな、ってテーマが伝わってこない感じでした。
収録作は、
「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の4篇。
書き下ろしの「ポテチ」は良かったなぁ。泣ける。
『魔王』や『重力ピエロ』が好きな人には解ってもらえそうな気がします。

『ロジカルライティング』は、ビジネス書なので感想がどうのこうのでありませんが、
タイトルの通り、ロジカルに文章を書くための参考書。
果たして身に付いたかどうかは、上記の文章が物語っちゃってますね(苦笑)

てなわけで、一つの記事に対してAmazonのアフィリエイトは一つしか貼れないので、
今月は、この作品。

中庭の出来事』 恩田陸 著/新潮社 刊

そうそう、恩田さんといえば、
演劇集団キャラメルボックスに戯曲を書き下ろすとのこと。
8月の公演、これは絶対に観なければ!

にほんブログ村 本ブログへ ←いちお、参加してますので^^;
中庭の出来事

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「町長選挙」奥田英朗
「町長選挙」奥田英朗(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、伊良部先生、コメディー、短編 ...続きを見る
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
2007/06/10 07:41
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎(2007)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、短編 ...続きを見る
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
2007/06/10 07:41
恩田陸【中庭の出来事】
すごく面白かった。 ...続きを見る
ぱんどら日記
2007/06/28 15:51
恩田陸「中庭の出来事」
恩田陸著 「中庭の出来事」を読む。 このフレーズにシビれた。  あなたはいつだって、世界という劇場の中で、孤独に一つの客席を埋める観客なのであります。 ...続きを見る
ご本といえばblog
2010/02/27 15:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お元気ですか?お互い忙しい日々を送っているようですね(苦笑)
今年の歩行際、そろそろ準備しなければとは思っているですがねぇ・・。
さて、今月の読了本、ふたつほどTBさせていただきました。まだレビューを書いていないNO.6」(あさのあつこ)は、しかしどこかマンガやで見たことのあるような話なので、さて、これからおいったとこですかね。
すの
URL
2007/06/10 07:45
>すのさん
コメントとトラバありがとうございました^^
こんな記事でトラバ返しは僭越なので控えておきますが(苦笑)、
すのさんはお忙しいのにしっかりレビューを書いてらっしゃって頭が下がります。
さて、今日はバンドの練習です(^o^;
こばけん
2007/06/10 09:33
どうも、昨日は失礼をばいたしましたm(_ _)m。おかげさまでチョビも復活、今日は楽しいクリスマス。記事と全然関係ないコメですみません。カルイチ部活用にblog URL貼っておきますー。ではでは。
natsume
URL
2007/12/22 22:40
おめでとう
本年もよろしく、です。
twink!
2008/01/01 00:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【読んだ本】2007年5月読了本/『中庭の出来事』恩田陸ほか こばけんdays/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる