【読んだ本】魔王/伊坂幸太郎


第二弾は、伊坂幸太郎の新刊『魔王』。

伊坂幸太郎、あいかわらずイイ!!
ほとんどの作品を単行本で読んでますが、イイ!

しかし今回は、新境地とでもいうべきか、
これまでの伊坂作品とはひと味違う一冊になっています。
人の人生や社会をシニカルに風刺する作風、というよりは、
ちょっと、じん、とくる感じがあるのです。

政治家批判、憲法問題などが題材に取り上げられていますが、
物語のメインとなるのは兄弟なのです。
そういう意味では、『重力ピエロ』にも通じるものも感じますね。

前半の「魔王」と後半の「呼吸」が、連続した物語として、
二部構成で一冊の『魔王』という本になっているのですが、
思わず二度読みしてしまうほど、よくできています。

『チルドレン』『ラッシュライフ』『オーデュボンの祈り』『重力ピエロ』…
伊坂作品は好きなものばかりですが、この『魔王』も新たにリストに加わりました。

講談社 \1,300-

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月08日 20:19
なんと一度に二つもTBしていただいて。恐縮です。
今一覧みせていただきました。読んでいる本がけっこう重なってますね。うれしいなあ。またお邪魔しますね。
こばけん
2005年12月08日 20:31
こちらもトラバ返しありがとうございます。
ERIさんの一覧にも私の読んだ本がたくさんあるのですが、
なにしろ始めたばかりのblogなもので既読本は手つかずで、
とりあえず読み終える順に書いていっています。
通勤途中と外勤の移動時間に読むのがほとんどなので、
せいぜい週に1~2冊ってとこですが、また覗きに来てください。
ゆうき
2005年12月22日 00:40
こんにちは。
私も、二度読みしちゃいました。
ちょっと難しかったから・・・というのもありますが(笑)
ほんとによくできた本だと思いました。
TBさせてくださいね!
じゅん
2006年03月08日 16:47
TB・コメントどうもでしたー
伊坂さんらしくなくはない感じですし(笑)
こういう伊坂さんもイイっすよね!
「砂漠」さっさと読みます
こばけん
2006年03月08日 22:06
>じゅんさん
コメントありがとうございます。
私も、こういうのもあり、だと思います。
ではでは~。
2006年05月21日 01:54
こばけんさん、こんばんは。
TB&コメント、ありがとうございました。
そうですね。兄弟の物語ですね。
大鷹の兄弟の場面がすごい好きです。同じシーンが2回出てくるのも、
伊坂、うまいなぁ・・と思って読みました。
「砂漠」や「終末のフール」未読なので、はやく図書館の順番が来ないかなぁ・・って思ってます。
saheizi-inokori
2006年05月25日 08:52
早速コメントとTBありがとうございました。独特の”軽さ”と”詩情”を持った作家なのでそれを活かしていけばいい作品がかけると思います。もう少し絞り込んでじっくり書いたら兄弟のよさが深いところでよりはっきりと伝わったと思います。
こばけん
2006年05月27日 18:47
>saheizi-inokoriさん
コメントありがとうございます。
なるほど確かにそういう感じもありますね。
短い中に色々書き込んでしまって散ってしまった、という感じでしょうか。
そういう意味では『重力ピエロ』は“兄弟”がよく書けている作品だと思います。
私の初伊坂作品です。
この作品からすっかり入り込んでしまったんですよね。
こばけん
2006年05月27日 18:53
>ワルツさん
コメントありがとうございます。
『砂漠』、いいですよ~♪
『終末のフール』は私もこれからです。
作品ごとの「好き」の度合いこそあれ伊坂さんはとてもお気に入りの作家です。
藍色
2006年08月18日 18:39
こばけんさん、こんばんは。
こちらにも、お邪魔しますね。
難しい政治に取り組み、伊坂さん流のテイストで見事に作品化していましたね。
兄弟それぞれの個性と信頼関係が、さりげなく上手でした。
こばけん
2006年08月19日 19:14
>藍色さん
こちらにもありがとうございます。
政治への取り組みは、伊坂さんならではという感じですね。軽妙なタッチでありながら、実は“無関心”に対して強く批判を浴びせかけていると思います。

この記事へのトラックバック

  • 『魔王』 伊坂幸太郎

    Excerpt: シューベルトの「魔王」を聞いた事があるだろうか?ゲーテが作詞したこの歌曲は、ピアノと独唱の構成が見事であり、作品全体に漂うピシッとした緊張感が非常に印象的な曲である。中学の音楽の時間で、聞いた人も多い.. Weblog: 本屋のバイト、書籍を探訪す。 racked: 2005-11-29 19:32
  • 魔王 ~伊坂幸太郎~

    Excerpt: 「魔王」読んだ 噂に聞いたとおりいままでの伊坂作品とは違う感じ でも伊坂節はいたるところで見せていた 読み終えたばかりでまだ自分自身で消化できてないっす{/face_acha/} 魔王と呼吸の二つ.. Weblog: 時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド racked: 2005-12-04 22:33
  • 魔王 伊坂幸太郎 講談社

    Excerpt: 昨日この「魔王」と「呼吸」を読み終わったのだけれども、正直戸惑った。 私は彼の作品を読んだときに感じる「カタルシス」をずっと求めながら 最後まで読んだのだが、結局最後までそれはなかったから。 Weblog: おいしい本箱Diary racked: 2005-12-08 20:17
  • 伊坂幸太郎『魔王』 ~考えろ考えろ、マクガイバー~

    Excerpt: 満足度 ★★★★★★★☆☆☆ (7点) 『魔王』 伊坂幸太郎・著 講談社、2005 <あらすじ> 混迷する日本社会に、突如として現れたカリスマ政治家・犬養。今はまだ弱小野党の.. Weblog: エンタメ!あれこれ百貨店 racked: 2005-12-11 11:19
  • 講談社 【魔王】 伊坂幸太郎

    Excerpt: 伊坂幸太郎の本は久しぶりです。 前に、 【チルドレン】 と 【ラッシュライフ】 の2冊を読みました。 どちらも面白いです。 .. Weblog: ぱんどらの読書日記 racked: 2005-12-13 12:39
  • 「魔王」伊坂幸太郎

    Excerpt: タイトル:魔王 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :講談社 読書期間:2005/11/04 - 2005/11/05 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ].. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2005-12-19 21:03
  • 魔王 伊坂幸太郎

    Excerpt: 魔王伊坂 幸太郎 講談社 2005-10-20by G-Tools ネタバレあり! 超能力兄弟が、ファシストと戦う! じゃないな。 超能力兄弟が、ファシストと戦おうとする・・・。.. Weblog: IN MY BOOK by ゆうき racked: 2005-12-22 00:11
  • 『魔王』 伊坂幸太郎 講談社

    Excerpt:         魔王 『兄貴は相変わらず、無駄なことをたくさん、考える』『考えすぎで死ぬなら、俺は百回くらい死んでるよな』 伊坂作品は独特の世界.. Weblog: アン・バランス・ダイアリー racked: 2005-12-22 22:37
  • 「魔王」伊坂幸太郎

    Excerpt: 魔王 前もってなんの情報もなく、伊坂さんの作品だから図書館に予約しておこうというノリで手にしてしまったので、読んで驚きました。なにせシューベルトの魔王を「お父さんお父さん助けてよ~♪魔王がつかま.. Weblog: 本のある生活 racked: 2006-01-25 22:13
  • 「魔王」 伊坂幸太郎

    Excerpt: 魔王posted with 簡単リンクくん at 2006. 1.21伊坂 幸太郎著講談社 (2005.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2006-01-29 06:35
  • 「魔王」って本を読んだんだ

    Excerpt: はい!元気です! 小学生の時の出席ってこう言ってたよね。 皆さんは元気ですか? 寒くなったり暖かかったりで 体調を崩しやすいから気をつけてね~!   以前オレ坂の上の雲〈1〉 .. Weblog: 音楽業界をぶっ飛ばせ!! racked: 2006-01-31 21:22
  • 魔王

    Excerpt: 「魔王」伊坂幸太郎 ある日、他人に思い通りのことを喋らすこと ができる特殊能力が自分に備わってること に気づいた安藤は、 強力な吸引力を持った政治家に危機を感じ、 その能力で対決しようと.. Weblog: 読書感想文 と ブツブツバナシ racked: 2006-03-08 16:27
  • 魔王 伊坂幸太郎

    Excerpt: 魔王 ■やぎっちょ評価コメント 読みやすかったので一気に読んでしましました。 主人公が変わる二段構成が、こういう展開になるとは思っていなかったので構成として、いい意味で読者を裏切って良いです.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2006-05-20 16:24
  • 『 魔王 』 伊坂幸太郎(著) 読了

    Excerpt: ◆ 『魔王』 伊坂幸太郎 著  読了 『重力ピエロ』と同じく兄弟が出てくる物語ですが、こちらは驚くべき様相を呈している。平和ぼけの日本人の心に刺さるような恐い伊坂の作品。現代に潜むファシズムが描.. Weblog: ワルツの「うたかた日記」 racked: 2006-05-21 01:56
  • 試作品?もう少しですね 伊坂幸太郎「魔王」(講談社)

    Excerpt: 「オーデユボンの祈り」が印象に残っている作家。もう一作、どれを読もうかと思って表題や手頃な厚さ(薄さ)にひかれて買いました。 残念!仕損じです。なんだか、面白く面白く、どうしたら読者が喜んでく.. Weblog: 梟通信~ホンの戯言 racked: 2006-05-24 23:58
  • 「魔王」伊坂幸太郎

    Excerpt: 魔王発売元: 講談社価格: ¥ 1,300発売日: 2005/10/20おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/05/26 例えば、私は伊坂幸太郎の本を読んで.. Weblog: 本を読む女。改訂版 racked: 2006-05-31 16:13
  • 魔王、伊坂幸太郎

    Excerpt: 装幀は松田行正。小説現代特別編集「エソラ」2004年12月・第一号、2005年7月・第二号掲載。表題作と「呼吸」からなる連作中編集。 表題作魔王:パソコンシステム会社の管理部門に所属する主人.. Weblog: 粋な提案 racked: 2006-08-18 18:43
  • 魔王 [伊坂幸太郎]

    Excerpt: 魔王伊坂 幸太郎著 amazonでレビューを見る オンライン書店BK1でレビューをみる 未来にあるのは、青空なのか、荒野なのか。 世の中の流れに立ち向かおうとした、兄弟の.. Weblog: 玉葱の本棚 racked: 2006-10-04 00:53
  • 夏の連ドラ、『コード・ブルー』『Tomorrow』など医療系社会派ドラマが人気

    Excerpt: 先週より各局の夏期・連続ドラマがスタート。3日(木)に始まったフジテレビ系『コード・ブルー』(木曜22時)がビデオリサーチの調べ(関東地区・世帯平均)で21.2%と20%を越えるスタートを切り話題を呼.. Weblog: ニュースサイト racked: 2008-07-07 15:09