【読んだ本】にょっ記/穂村弘

画像
たまにはこんな脱力本も。
思いっきり力抜けました。
いや、思いっきり力抜けてる。この本が。
そして、こんなセンスって、なんとなくうらやましい。

簡単に言ってしまうと、ある4月から翌年3月まで穂村さんの日記です。
しかし「日」記ではなく「にょっ」記なところが、大々的に脱力な部分。

「にょっ記」なので律儀に毎日まいにち書いてあるわけではなく、
気ままにとびとびに数日間隔で、あるいは何日か立て続けに綴られている。

どこまでが、現実の出来事を穂村さんのフィルターを通じて見たものなのか、
どこからが、穂村さんの頭の中でだけ起こっている出来事なのか、
その境界線が微妙(笑)
しかしそこがいい。
ハナからまともに受け止めてはイケナイのです。

ながながと解説や評論をくわえるような本でもないので、
かずある「にょっ記」の中から、気に入ったものを2つほど。
いや、ほかにも面白いのがあるんだけどね、2つだけ。


8月2日 毛穴

「毛穴のない女になる」という吊り広告をみて、ぎょっとする。


8月12日 実況

夢の中で、私は大相撲の実況をしていた。

 おおきいですねー。
 うわ、こっちもおおきい。
 ふたりともはだかです。
 だきあっただきあった。


にょっ記』 穂村弘 著
文藝春秋 ¥1,300 (税込)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月09日 22:33
こばけんさん、TBとコメントありがとうございました。
この日記、どこをとっても面白くて、くすくす笑い通しでした。
ジャニーズに入る妄想には爆笑。この穂村さんの力の抜け具合ってやみつきになります。こばけんさんも同世代なんですね。私は妙に穂村さんに同世代としてのシンパシーを感じてしまいます。こばけんさんはどうですか?
こばけん
2006年05月10日 02:28
>ERIさん

早速のトラバ返しありがとうございます。
私の場合、会社の後輩が「こばけんさんは絶対好きなはずだから!」と勧められて読んだのでしたが、どハマリでした。
同世代のシンパシーというか、こういうバカげた(失礼)こと考えるのって、周りを見回してみても我々(ひのえうま前後)ぐらいじゃないかと思うんですよ(笑)
chiekoa
2006年05月10日 18:15
ほんと、力抜けますよね~(笑)。本屋ではじめてこの本をみかけたとき、あまりに脱力してこしがへなへな~となりそうでした!でもいい…。すばらしい…!
こばけん
2006年05月12日 01:48
>chiekoaさん

コメントとTBありがとうございます。
ほんと!この脱力スタンス、うらやましい限りなんですよねぇ
私もこんなふうに暮らしたいと思うんですけど、無理だなぁ。
コツはなんなんだろ。
ねね
2006年06月02日 22:21
読みました。通勤電車で笑いをこらえるのが大変でした。
「武蔵丸」は、何度も反芻しています。
私の場合、脱力はせず、なんとなく力が入りましたよ。
こばけん
2006年06月03日 00:56
いやいやー、よろこんでいただいてなによりです。
通勤電車でクスクス系ということでは、『やっぱり今日でした』もなかなかのオススメなので、試していただければと。
そんなさなか「猫村さん」の2巻が出たりして脱力系図書は百花繚乱ですが(笑)
なな
2006年06月17日 22:15
こばけんさん、こんばんは。
この本、どれもこれも面白いので、他の方のレビューを見ると又クスクス笑っちゃいます。
ホントなのか全くの妄想なのか、その境界線の曖昧さ私も好きです。
2006年06月18日 11:07
>ななさん
コメントとトラバありがとうございます。
絶妙ですよね~、妄想と現実の境界線。
穂村さん、今年も『にょっ記』つけているんだろうか。
そして来年の5月頃には『にょっ記2006』が出るんだろうか。
すの
2006年08月21日 13:31
この本って、みんなで大きな声で話してはいけない、にやにや、くすくす系の本だと思います。とくに直球の下ネタは・・。こっそり、居酒屋で「ほむらさん」と一緒に軽く飲みながら、ばか話をしてみたいですね。
こばけん
2006年08月22日 01:46
>すのさん
コメントトラバありがとうございます^^
したいですねーっ!
すのさんとほむらさんと3人でばか話!
でも、いきなりいくら丼ではなく、やはり〆の鮭茶漬けじゃダメでしょうか(^_^;
すの
2006年08月22日 05:20
最初から鮭茶漬けは、ほむほむも唖然・・(笑)。でも、ぼそぼそ、くすくす、これは絶対少人数の男だけの世界、ですね。ぐふぐふやっている男たちの姿を、店の女の子は、きっと少し気味悪がっていたりして。
それでも、三人それぞれに真剣に、あの店の女の子は俺に気があるに違いない・・とココロのなかで激しく妄想するのであった。だって、あの娘、俺の目見て、笑ったぜ(!)。
璃王
2006年08月22日 22:21
こんにちは。

「にょっ記」読みました~♪
積極的に「読みました♪」って書くのには、
少々勇気がいりますが・・・。
おもしろかったです。

「くくく。俺の街。」などが、
ツボに入ったようです。
彗星の名前とか、タマゴボーロとか(笑)。
こばけん
2006年08月25日 02:11
>璃王さん
こめんとありがとうございます。
この本は、自分の胸の中にくすくすを閉じこめることが醍醐味なのかもしれませんね。
声高にその面白さを語ってはいけないようです。
「ちんすこう」とか「うこん」とか(笑)

でも、ほむほむの独特のとらえどころは解ってもらえると嬉しいなぁ。
『現実入門』もぜひぜひ^^
june
2006年08月26日 13:09
穂村さんと、すのさんと、こばけんさんの3ショット想像してしまいました。遠巻きにして、怖いもの見たさの視線を送ってしまいそうです・・。
こばけん
2006年08月27日 01:02
私とすのさんと穂村さんの3ショットなら、そこそこイケてる3人男子ではないか。“チョイ悪”とまではいかないまでも(笑)
きっとお店の女の子の視線を釘付けにするであろう3人組でしょ。
(言うだけはタダなので言わせておいて下さいw)
璃王
2006年08月28日 23:47
「現実入門」読みました♪
献血のところから、大笑いしてしまいました♪

「なぜ、そんな余計な事を考えて、
実行できないかな・・・。」
と数行おきに大笑いしました。

一度に読むのはもったいないので、
また数ヶ月たったら、
別の著作も読みたいです(^o^)丿
「はとバス」ツアーもおもしろそうですね♪
こばけん
2006年08月29日 00:40
>璃王さん
読みましたか!「現実入門」^^
ほむほむワールドを満喫しつつありますね。

ラスト、びっくりしたでしょう?
私はあまりの驚きに「現実入門」を貸してくれた人に
メールしてしまったほどでした。
璃王
2006年09月03日 11:09
ラスト、驚きました!

本によっては、
オビにラストを書いてある、ひどいものがあったそうですが・・・。

(^_^;)私は図書館で借りたので、オビにネタをバラされずにすみましたけど。
まみみ
2006年09月11日 20:39
ああ、現実入門の驚きの声がここにまで(笑)
あれはね~びっくりしますよね。わたしは帯を半笑いで流してて、最後に
本当だったんかい!とびっくりしたクチでした。

すみません、こばけんさんにいただいたコメント&TBを鋭意お返ししようとひとつずつこなしてる最中です。ていうか、なんでこんなにほっといたんだ自分……。そ、そのうちコンプリートしますので、もうしばらくお待ちを。

この記事へのトラックバック

  • にょっ記 穂村弘 文藝春秋

    Excerpt: ほむほむの日記は、絶対読む(爆) もう、間違いなく隙を突かれる。 ああ、もう、そこを突いてくるのね、やめて! ええ、気になってましたよ、気になってたけど、 あえて言葉にするほどじゃない。 そ.. Weblog: おいしい本箱Diary racked: 2006-05-09 22:28
  • にょっ記 [穂村弘]

    Excerpt: にょっ記穂村 弘 文藝春秋 2006-03 ホムリンが綴る、4月1日から3月31日までの、ニョッキ…じゃなかった、日記です。 実際のところ、どこまでがほんとうに日記で、どこからが飛んで行って.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2006-05-10 18:14
  • にょっ記 穂村 弘

    Excerpt:  別冊文藝春秋に連載されていたホムラ氏(私は密かに「ホムホム」と呼んでいる)のウソ日記。  さっき調べて初めて「えっウソ日記?!」であることを知った(汗)  ホムラ氏のエッ� Weblog: 流星シラップソーダ racked: 2006-05-13 20:17
  • 「にょっ記」穂村弘

    Excerpt: にょっ記 穂村 弘 穂村さんの書く日記「にょっ記」 文章のテンポが素敵です。そこはやっぱり詩人、ちょっと違うのでしょうかね。そしてやっぱり大爆笑。川上さんの「東京物語 卵一個.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-06-17 22:16
  • 「にょっ記」穂村弘

    Excerpt: 「にょっ記」穂村弘(2006)☆☆☆★★ ※[914]、国内、現代、エッセイ、随筆、日記、フィクション ※これはレビューか?エッセイのレビューって、本当にムズカシイ。 すのすのも、ほむほ.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2006-08-21 13:09
  • 「にょっ記」穂村弘

    Excerpt: にょっ記 また同じような自虐ネタかなぁと、この本はチェックしていなかったのですが、まみみっくすさんやななさん、chiekoaさんの楽しげなやりとりを見ていて興味がむくむくとわいてきてしまいました.. Weblog: 本のある生活 racked: 2006-08-26 13:05
  • 「にょっ記」 穂村弘

    Excerpt: にょっ記posted with 簡単リンクくん at 2006. 3.25穂村 弘著文芸春秋 (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2006-09-11 20:37