【読んだ本】終末のフール/伊坂幸太郎

画像
いまはとにかく『砂漠』が直木賞獲ってくれれば、
なんっにも言うことはないです。
↑冒頭部分後日差替予定(笑)

↑やー、いまさらなにも言うますまい…

相変わらずの伊坂節、軽妙なタッチですんなり読めました。
終末のフール』。
良くも悪くも、チカラ抜けてんな~、という感じ。

書き下ろし、というわけではなく、
「小説すばる」に2004年2月から2005年11月にかけて、
3ヶ月に1話のペースで掲載された連作短篇です。

それにしても、明らかにタイトルから入っちゃってるよなー、
という印象たっぷりです。
本書『終末のフール』に収められた8つの短篇のタイトルは、

「終末のフール」
「太陽のシール」
「籠城のビール」
「冬眠のガール」
「鋼鉄のウール」
「天体のヨール」
「演劇のオール」
「深海のポール」

縦方向に1文字ずつ拾って読んでいくと、実はあるキーワードが!
なんてことは、まるでない。
あ、これは前作か。

脇に逸れましたが、『終末のフール』は、
残り寿命があと3年となってしまった人たちの、営みとつぶやきと叫びが描かれた短編集です。
登場人物たちの余命が3年、なのではなく、
地球の、世界の終わりが3年後に迫っている中で生きる人たちが、それぞれに描かれています。

8年後、小惑星が地球に衝突することが確実になったと発表されたのが5年前。
それからの5年間というもの、人々は絶望し、世を捨て、理性を捨て、正気を失い、
暴動、略奪、無差別殺人、その他凶悪犯罪、あるいは自殺、心中に走って、
秩序や治安や社会そのものが崩壊し、小惑星の衝突を待たずとも、
勝手に人類が滅んでしまうかと思えるほどの荒廃・混乱を極めたが、
そうすることに人々が疲れたのか、本格的に諦めたからなのか、
あるいは恐怖に耐えられなかった者たちはあらかた死んでしまったからなのか、
残り3年となった今、不思議と世の中は静けさを取り戻している。

それでも3年後に世界が終わる、という恐怖や不安が無くなったわけではなく、
やはり終末に向かって生きていかなければならない。
人々は一体なにを感じ、なにを思い、どんな行動を取るのか。
それぞれが胸に秘める不安や恐怖や諦めややるせなさ、負の感情があふれる中に、
ほんとうの人間らしい“清々しさ”のようなものを見つけることのできる優しい作品です。
現実にそんなことが起こったとしたら、
きっと人はそんなふうに居られないかもしれないけど。

8つの短篇それぞれのストーリーは、ここでは割愛することとして、
登場人物は皆、仙台の高台に建つマンション「ヒルズタウン」の住人なのですが、
それぞれの物語に登場する人たちの絡みあい方はサスガ。これぞ伊坂節。

「終末のフール」の老夫婦と一緒に公園の木を見上げる、「冬眠のガール」の20代の女性。
「冬眠のガール」の女の子に、恋愛の話をする「太陽のシール」の主人公の妻。
「太陽のシール」の主人公・富士雄と、草サッカーを楽しむ「深海のポール」の渡部。
「深海のポール」の渡部が営むレンタルビデオ屋でビデオを借りる、「終末のフール」の老夫婦。
渡部のレンタルビデオ店では、他にもいろんな人がビデオを借りている。
渡部の父は、「籠城のビール」でアナウンサーだった杉山の家に
二人の怪しい男が入っていくのを見かけ、心配して杉山家に電話をかける。
終末が来てしまうのに妻が妊娠したことで「太陽のシール」の富士雄が深く悩んでいるとき、
郵便ポストの上に置きっ放しになっているのを見て暗い気持ちになったグローブは、実は…。
などなど。書きすぎるとネタバレちゃうよ(^o^;

とはいえ、ここで超ダイジェストの相関図を読んだところで、たぶん本を読む時には忘れていて、
「おっ、この人こんなところに!」「この子、例のあの子じゃないか?」と、
見つけるたびに嬉しい気持ちになれるはずです。

8つのお話しの中では、私は「終末のフール」がいちばん好きかな。

追記(7/11):終末のフール特設ホームページはこちら

終末のフール』 伊坂幸太郎 著
集英社 ¥1,470 (税込)

にほんブログ村 本ブログへ ←参加してます♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月06日 21:29
伊坂さんが書くと
「終末」もこんなに、優しい人の話が集まるのか・・・
と、いつにも増して感動しました。
名言の宝庫ですよねこの作品。

私は、「天体のヨール」の二宮君の「星好き」の貫き具合が好きです。
2006年07月10日 01:13
こばけんさん、こんにちは。
もしかすると、「女王様と私」以来でしょうか(汗)。
同じ本の記事をトラックバックさせていただきます。
それぞれのエピソード同士が、密接にリンクしていましたね。
8年前から5年経ち、後3年という設定が、バリエーション豊かなドラマを編み出した、と思います。

もしトラバが届かないときは、下記の直接リンクからお越しください。
リンク反映されない場合は、お手数ですが、コピペでどうぞ・・・。
粋な提案・終末のフール
こばけん
2006年07月10日 02:46
>nanayoさん
ヨール、ヨールって、
なんだそりゃ、って感じですが、
『砂漠』の西嶋くん的な感じもあって、
良いですよね、二宮くん。
“くん”て、40代か(笑)

ほんと、この本は素敵なセリフの宝庫です。
抜き書きしてたらキリがないのでやめましたけどw
こばけん
2006年07月10日 03:01
>藍色さん
コメントとTBありがとうございます^ ^
小康状態、という時期が生み出したドラマなのかもしれませんね。
そう考えてみると「鋼鉄のウール」の苗場さんはスゴイなぁ!
2006年07月10日 22:31
こばけんさん、こんばんは。
すべての物語が少しずつ関係してて、最後にみんな登場(「天体のヨール」の矢部は出てきていなかったような気がしますが…)さすが伊坂さん!でした。
こばけん
2006年07月11日 01:03
>ななさん
コメントとTBありがとうございます。
ベランダのシーンと櫓のシーン、素敵ですよね。
矢部さんは、たまたまベランダに出ていなかったんじゃないかなぁ、と思うようにしました。
2006年07月11日 12:38
ひとつひとつの話が、最後にまとまって・・・
というのもすごくいいなと思いました。
リンクというのではなくて、全部でひとつという感じでしょうか。

実は、「終末のフール」の平積みの上に「直木賞受賞!」という
本屋の光景を妄想してたんで、「砂漠」が候補ときいて
力が抜けました。
でも、伊坂さん応援してます!
こばけん
2006年07月11日 20:18
>juneさん
コメントとTBありがとうございます。
そうですね。
「リンク」というよりは、全部でひとつの世界ですね。
特設HPを見ると、一層そういう気分になってきます。
↑本文に追記でリンクを入れました。
2006年09月11日 20:28
ああ、なんかすっごい外人さんからのスパムが上に(苦笑)。アルファベットだけで構成されるコメントは拒否する、とかできますよたしか。もしよければお試しください。
わたしもこの作品「タイトルありきだよな」と思ってたんで、こばけんさんの忌憚のない意見はスバラシイと思いました!!いえほんと。
こばけん
2006年09月12日 11:58
>まみみっくすさん
スパムコメント防御方ご教授感謝!
早速設定しました。
「半角文字のみのコメントを拒否する」って設定があるんですね。
ワールドワイドなフレンドたちからの気さくなアプローチに少々弱っていたところでした(^_^;

>タイトルありき
あら。ちと正面からツッコミすぎましたかw

コメント&トラバありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • 終末のフール、伊坂幸太郎

    Excerpt: 立体:引地渉。撮影:高橋和海。ブックデザイン:鈴木成一デザイン室。 2000年「オーデュポンの祈り」で第五回新潮ミステリークラブ賞、2004年「アヒルと鴨のコインロッカー」で第二五回吉川英治文学.. Weblog: 粋な提案 racked: 2006-07-10 01:14
  • 「終末のフール」伊坂幸太郎

    Excerpt: 終末のフール発売元: 集英社価格: ¥ 1,470発売日: 2006/03posted with Socialtunes at 2006/04/17 あーなんかちゃんと感想を書けない気がするけど.. Weblog: 本を読む女。改訂版 racked: 2006-07-10 07:43
  • 「終末のフール」伊坂幸太郎

    Excerpt: 終末のフール 伊坂 幸太郎 「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」そんな発表から5年。発表直後からの略奪や殺人、自殺などの大混乱が収まり、奇妙な穏やかさを取り戻す。「その日」まで.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-07-10 22:31
  • 「終末のフール」伊坂幸太郎

    Excerpt: 終末のフール 新刊書を手に入れて読むのが遅い私が、今回何故こんなに早く伊坂さんの新作を読んだかというと・・じゃーん!買ってしまったのですー!単行本は経済的&収納の問題でめったに買わないのですが、.. Weblog: 本のある生活 racked: 2006-07-11 12:35
  • 「終末のフール」伊坂幸太郎

    Excerpt: タイトル:終末のフール 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :集英社 読書期間:2006/08/07 - 2006/08/11 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブッ.. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2006-08-30 11:51
  • 「終末のフール」 伊坂幸太郎

    Excerpt: 終末のフールposted with 簡単リンクくん at 2006. 3.25伊坂 幸太郎著集英社 (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2006-09-11 20:32
  • 週末のフール<伊坂幸太郎>-(本:2009年)-

    Excerpt: 終末のフール (集英社文庫)クチコミを見る 出版社: 集英社 (2009/6/26) ISBN-10: 4087464431 評価:90点 大阪に向かう新幹線の中で読もうと、東京駅.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-08-31 01:47
  • Adderall without a prescription.

    Excerpt: Adderall side effects. Adderall. Adderall without a prescription. Adderall dosing. Weblog: Adderall. racked: 2010-09-14 04:12
  • Compare brand name and generic percocet.

    Excerpt: Buy percocet online. Percocet verses lortabs. Mixing tylenol 3 and percocet. Percocet. Weblog: Percocet. racked: 2010-09-15 03:55
  • Buy xanax.

    Excerpt: Buy xanax. Xanax no prescription. Cheap xanax. Xanax prescription. Xanax. Weblog: Buy xanax. racked: 2010-09-15 10:44
  • Underwear.

    Excerpt: Girls in underwear. Britney spears no underwear. No underwear. Male underwear. Young girls in underw.. Weblog: Silk underwear. racked: 2010-09-15 11:05
  • Vicodin.

    Excerpt: Vicodin. Vicodin online without prescription. Weblog: Vicodin. racked: 2010-09-16 00:18
  • Vicodin.

    Excerpt: Buy vicodin online. Vicodin. Vicodin side effects. No prescription vicodin. Vicodin no rx. Weblog: Vicodin online no prescription. racked: 2010-09-16 03:22
  • Pecocet.

    Excerpt: Pecocet. Pecocet online. Weblog: Pecocet. racked: 2010-09-17 12:12
  • Animal medical insurance.

    Excerpt: Insurance medical news service. Right of recovery medical insurance lawsuits. Weblog: Tricare medical insurance. racked: 2010-09-18 06:38