テーマ:映画

【観た映画】2007年タイトル一覧

あけましておめでとうございます。 すっかり放置してしまっているこのブログですが、記録のつもりで書き出してみます。 レンタル屋さんが苦手な私は、すべてスクリーンでの鑑賞です。 <2007年1月> ・鉄コン筋クリート ・007 カジノロワイヤル ・幸福な食卓 <2007年2月> ・それでもボクはやってない ・あなた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【観た映画】バブルへGO!~タイムマシンはドラム式/ホイチョイ・プロダクション

もうすぐ終わっちゃいそうなので観に行ってきました。 『バブルへGO!!』 昭和42年生まれ、1990年4月入社の私としては、 超ストライクでしたね~。笑えました!楽しめました! 2007年3月、母親の葬儀を出した娘、田中真弓のもとを一人の男が訪れる。 男の名は下川路。財務省の役人で、母・真理子の東大での同期生だという。…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

【観た映画】幸福な食卓

ブレイクの予感!です。 なにが、って主人公・佐和子を演じた新人の北乃きいちゃんが、です。 ミスマガジン2005グランプリ、とかですが、 今後は、ドラマ、映画に専念して役者としてすくすくと育っていただきたい。 地味でもなんでもいいから芝居を続けていけばきっと素敵な女優さんになりそうです。 映画自体は、正直いって地味な作品…
トラックバック:5
コメント:9

続きを読むread more

【観た映画】007/カジノ・ロワイヤル

洋画で、しかもアクション大作って、ふだんはあんまり見ないんだけど、 やたらと評判が良いので観てきました。 観たのがちょっと前なので、劇場公開はほとんど終わりつつありますが。。。 確かに評判どおり、007誕生までを描いた、ストーリーの立っている良い作品でした。 私が中学生の頃、初めて007シリーズを映画館で観たときには、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】2006年タイトル一覧

昨年観た映画を気まぐれに並べてみる。 <1月> ザスーラ ファイナル・カット 有頂天ホテル 博士の愛した数式 <2月> 男たちの大和-YAMATO オリバーツイスト かもめ食堂 県庁の星 ウォレスとグルミット~野菜畑で大ピンチ! <3月> ミュンヘン ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】硫黄島からの手紙/監督:クリント・イーストウッド

これは、大晦日の前日(12/30)に観ました。 っていうと、随分前のことみたいですが、ほんの1週間前。 年末年始の感覚ってスゴイなぁ。。 さて、話題の本作は『父親たちの星条旗』と対を成す「硫黄島二部作」。 噂に違わずすごい映画だった。 アメリカ人であるクリント・イーストウッドが監督をして、あの作品になるところがすごい。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】無花果の顔/監督:桃井かおり

話題の(?)桃井かおり初監督作品、『無花果の顔』、大晦日に観ました。 『かもめ食堂』はとっても素敵な“脱力ムービー”でしたが、 それとも違う“不思議ムービー”で、 一言でいうなら「桃井ワールド」としか表現しようがないかもしれない。 絶対、万人受けはしないと思うけど、個人的には好きな世界です。 まったくの独断と想像でもの…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】鉄コン筋クリート/原作:松本大洋

非常に濃密で精緻で素晴らしい作品です。 そしてちょっと泣けました。 ガラガラの映画館で観るのが好きな私は、 公開3週目(2006.12.23公開)入りしていて、 しかも正月三が日最終日の最終上映、みーんな明日から仕事始め☆とくれば、 さぞかし劇場もすいていることでしょう♪と新宿ミラノ3へと足を運んだのですが、 と~ん…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】ゲド戦記

あちこちのレビューやブログでともかく評判がアレなので(笑)、観てきました。 「そうは言っても案外良いんじゃないの?」と思っていたりもしたので。 ジブリなのでオフィシャルサイトとかは立派なものです。 ストーリーや作品の背景、原作についてなどは、 オフィシャルサイトを見た方が簡潔で解りやすいです。 ただ、実際に作品を劇場で観て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】ブレイブ・ストーリー/ 原作:宮部みゆき

原作も読まずに劇場で観た。 いい作品だったよ! 泣けたし、 「正しさ」とは何かをちゃんと考えさせられる作品。 ただ、ストーリー自体がそうだからなのかもしれませんが、小説が映画化されたというよりは、RPGゲームが映画化されたという印象の方が遙かに強く、宮部みゆき作品であるということは、観ている最中まるで感じませんでした。 巷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】ちゃんこ

元来“相撲好き”なので観ました。 『ちゃんこ』(2006.3.18公開)です。 部員がゼロになってしまい廃部の危機に追い込まれた相撲部を、 外国人留学生と女子学生が入部することで救った、という、 広島大学相撲部の実話をもとにしたストーリー。 まったくのフィクションであれば奇をてらった感がありますが、 実話に基づいていると…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

【観た映画】ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

予告どおり観てきました。 いんや、映像すばらしかった! 原作読んでて頭に思い描いたより、 数段、精緻で美しくリアリティのある映像が展開されていました。 ただしこの映画作品は、原作を読んでから観るべし。と思う。 そのココロは、ストーリーや作品展開が、 当世一流のファンタジー、アドヴェンチャーなどなど、 エンタテインメ…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】ミュンヘン/監督:スティーヴン・スピルバーグ

『ホテル・ルワンダ』があまりに衝撃的だったため、 『ミュンヘン』も非常に気になっていて、 なかなか劇場へ行けなかったのですが、 さる土曜日(3/11)にようやく観ることができました。 観る側の問題だと思うのですが、 ルワンダの大量虐殺があったのが1994年と、 比較的イメージしやすい年代なのに対し、 ミュンヘン・オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】かもめ食堂/原作:群ようこ

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこが、北欧の国フィンランドの首都ヘルシンキを舞台に、 ゆったりのんびりなんとなく交流を繰り広げていく脱力ムービー、観てきました。 この『かもめ食堂』、原作はこの企画のために群ようこさんが書き下ろしたとのことで、 単行本が1月に刊行されていますが、 こちらを読む前に映画『かもめ食堂』を観る機会を…
トラックバック:29
コメント:24

続きを読むread more

【観た映画】ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!

3月18日(土)公開ですが、試写会で観ました。 『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』 久々のシリーズ新作は85分の超ロングバージョン! ウォレスとグルミットは第1作の「チーズホリデー」から大好きで観ていますが、 さすがアードマン、相変わらず見事なアニメーションです! 今作では、ウォレスとグルミットの名コンビは、…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】県庁の星/原作:桂望実

劇場公開に先駆け、試写会で観ました。 『県庁の星 the MOVIE』(笑) あっ、ほんとは“the MOVIE”なんて付きませんよ。念のため。 原作での感想記事では、なんだかんだ書きましたが、 織田裕二、正解です。バッチリ。 ちなみに原作の感想文はこちらをご覧下さい。 ストーリーは概ね原作にのっとっていましたが、 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】オリバー・ツイスト/監督:ロマン・ポランスキー

金曜日に英国関連のイベントに参加したこともあって、 この週末は『オリバー・ツイスト』を見てきました。 無垢な少年のひたむきな姿に、ただただ心洗われる映画です。 原作は、イギリスの文豪、チャールズ・ディケンズによるもので、 20年ほど前にBBCでドラマ化されたこともあるようです。 19世紀、イギリス。 産業革命に向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】男たちの大和/YAMATO

『オリバー・ツイスト』にするか『あおげば尊し』にするか迷いながら新宿に出たのだが、 何故か衝動的に『男たちの大和/YAMATO』の鑑賞券を買ってしまった。 どうやら最近の私は流行モノに弱いらしい(笑) 案外、と言っちゃぁ失礼かもしれないけど、良い映画でしたよ。 この映画を、年配の方ではなく20代の若者が観て涙しているとのこと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【観た映画】博士の愛した数式/原作:小川洋子

原作を読まずして映画を観てしまいました。 しかもあんまり私のガラじゃない作品を。 ついつい、深津絵里見たさでやんす。 深津絵里、いい! (なーんか、バカっぽい書き出しだなぁ) 交通事故が原因で脳に障害が起こり、 80分間しか記憶を保持することの出来ない元大学教授の数学者(寺尾聰)。 そうした障害があるため、食事…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

【観た映画】THE有頂天ホテル

スミマセン、決して不真面目なわけではないのですが、 偶然にもタイトルに“ホテル”がつく映画を続けてみてしまいました。 前のアーティクルとは全く別のモノだということでご理解下さい。 だって、観たかったんだもん。 大人気だし大好評だしなんと公開2日間で 興行収入9億2000万円の記録的大ヒットだし。 まだ2週目だし絶対混…
トラックバック:12
コメント:9

続きを読むread more

【観た映画】ホテル・ルワンダ

『ホテル・ルワンダ』、ついに公開になりました。 (2006年1月14日よりシアターN渋谷ほか  全国順次ロードショー) この映画は、私たちは見なければならない映画です。 1994年、アフリカのルワンダという国で何が起こったのか、 たしかに当時の自分を振り返ると、 ニュースで報道していたのを思い出します。 しかし、同じ地…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】ザスーラ

普段、こういうSFX超大作なアドベンチャー映画!ってあまり観ないんですが、 予告編を何度も観てしまって妙に惹かれるものがあり、つい観ました。 予告編の迫力やスケール感は、期待をまったく裏切りません。 が、やっぱりこのテの作品に自分はあんまり向いてないのだなと、再認識した次第。 やっぱ“好み”って大きいです。 さて、それはさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】ファイナル・カット

ロビン・ウイリアムズ主演ながら単館系のシブイ作品で、都内の2館から公開スタートしています。 “全国順次公開”となっていますが、オフィシャルサイトを見る限り、 わーっといく感じじゃなさそうなので、興味のある方は観られる内に観ておいた方が良さそうです。 近未来、人間の脳にチップが埋め込み記憶を録画することが可能になり、 その人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】ハリー・ポッターと炎のゴブレット

シリーズ4作目の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年11/26公開)、 2週目になったので観てきました。(一週目はさすがに劇場が混むのでパス) 大作だけにたくさんの人がブログに書いているんだろうなぁ。 私としては、まぁまぁ満足。(注意:少しだけディティールバレ) 監督がまた替わったということもあってか、 作品の…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】チキン・リトル

試写会で観ました。 “親子で観るハートフル・アニメ”という感じで、 12/23のクリスマス公開にはうってつけの作品。 (ただし、作品中、クリスマス色は特にありませんが…) 作品サイズも80分と短めで、子どもも飽きずに観てくれそう。 試写会では、チキン・リトルがくやしい思いをするシーンで、 観に来てた子どもが「わぁん」と泣…
トラックバック:40
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】変身/原作:東野圭吾

観ちゃいましたよ、東野圭吾原作の『変身』(2005年11/19公開)。 普段は映画は新宿でしか観ないんですが、 23区内はシネアミューズでしか上映していないというので渋谷へ。 脳移植を受ける主人公・成瀬純一には玉木宏、 ジュン(純一)の恋人・恵役に蒼井優を据えての映画化。 映画作品としては、まとまっているし、観られるストー…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

【観た映画】ALWAYS 三丁目の夕日

邦画トップバッターは『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年11/5公開)。 これは、観れ! はーっ、ブログ始めて初めて文字強調タグ使っちまった。 それぐらい、観るべし!です。 正直言うと、この映画、当初はあんまり観るつもりありませんでした。 予告編みて、作品自体はなんとなく興味あったんですが、 個人的に吉岡秀隆っ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

【観た映画】ブラザーズ・グリム

なんとなく、映画も観たら書くことにしました。 第一回は、ブラザーズ・グリム(2005年11/3公開)。 私の場合、映画を観る際によくあるパターンなんですが、 そういうストーリーだと思ってませんでした。 本作では、グリム兄弟がコンビの詐欺師として登場。 魔物や怪物、魔女のウワサがある村などを訪れ、 村から高額な謝礼を受け取…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more